浮気した夫と復縁する場合に注意すべきポイントは?

夫が浮気したと言っても、すぐに離婚を決意することはできないと思います。
特に子供がいたりする場合には、経済的にも、子供の成長を考えても、
できれば離婚しないほうがいいですよね?

そうして浮気した夫と復縁しようとする場合、どのようなことに注意すべきなのか、
そのポイントをまとめました。

話し合いは決定的な証拠を手に入れてから

夫の浮気は、携帯・スマホのメールやLINEの履歴から、
発覚することが多いですよね?
それを見て逆上し、夫を問い詰めてしまう、などのことも多いようです。

でもそれは、得策とはいえないとのこと。
メールやLINEの履歴だけでは、いくらでも言い逃れができるからです。

復縁するには、まずは夫がきちんと事実を認め、謝罪・反省することが必要。
浮気を認めないままでは、正常な夫婦関係を築くことはできませんよね?

なので、夫と復縁の話し合いをするにあたり、まず大切なのは、
「決定的な証拠を手に話しをすること」なのだそうです。

決定的な証拠とは、夫と浮気相手がラブホテルに出入りする際の写真や映像。
これは、素人には撮影することが難しいです。

多少費用がかかっても、街角探偵相談所などに相談し、
探偵に依頼するのがいいようです。

話し合いは、必要なら第三者にも入ってもらって

証拠が手に入ったら、夫と話し合いをすることになりますよね?
ここは冷静になることが必要だと思います。

感情的になって暴言や脅迫めいた言葉を吐くのは禁物だとか。
それにより、関係が修復不可能になってしまうこともあるようです。

まずはもちろん、浮気した事実について、夫にすべてを話してもらい、
謝罪・反省してもらわなくてはいけません。

でもそれだけでなく、自分の側にも、反省すべき点はあるかもしれません。
復縁するなら、相手を一方的に責めるのではなく、
自分のことも振り返ることが必要になるようです。

またもし話し合いが冷静にできないようなら、
第三者に入ってもらうこともおすすめだとか。
両親や信頼できる友人・上司などに頼むのがいいかもしれません。

浮気相手とも話し合いを

夫との話し合いの他に、浮気相手とも話し合わなくてはいけませんよね?
夫ときちんと、別れてもらわなければなりません。

その場合、ただ口約束だと、きちんと守られないこともあるようです。
話し合いは録音し、示談書などの文書の形にしておくのがいいようです。

また、
「もし約束を破ったら、慰謝料を請求する」
などのことを示談書に含めるのもおすすめだとか。

弁護士に入ってもらえば、より確実な形で示談ができるみたいです。