浮気は決定的な証拠が手に入るまでは泳がせるのがコツ

「夫が浮気しているのではないか、、」
そう思ったら、まず自分で証拠を探してみると思います。

  • 携帯・スマホ
  • パソコン
  • スケジュール帳

などなどは、証拠が見つかりやすいとのこと。

それでたとえば、メールやLINEで、
夫が知らない女性とやり取りするのを見つけたとしますよね?
それが、明らかに肉体関係があることを匂わせていたとします。

そうすると、その時点で、
夫を問い詰めてしまう人が多いのではないでしょうか?

でもそれは、あまり得策とはいえないようです。
浮気は、決定的な証拠が手に入るまで、泳がせておいたほうがいいようです。

復縁するにせよ離婚するにせよ証拠が必要

浮気は、まず離婚するつもりなら、決定的な証拠が必要ですよね?

ラブホテルに出入りする際の写真がないと、
慰謝料が請求できないのはもちろんのこと、
離婚が認められないこともあるようです。

また復縁するにせよ、やはり証拠は必要だとか。
メールやLINEのやり取りだけだと、
「実際には会っていない」と言い逃れされることが多いようです。

復縁するなら、まずは夫が浮気を認め、
謝罪・反省してくれなければなりませんよね?
決定的な証拠がないと、それがなかなか難しくなるようです。

なので浮気が発覚したら、まずは街角探偵相談所などに相談し、
探偵社に浮気調査をしてもらうのが得策だということなんですね。

調査前に問い詰めると証拠が手に入らなくなる

探偵社が浮気調査をする前に、夫を問い詰めてしまった場合、、
夫は当然、用心することになりますよね?

「妻にバレた」と知るわけですから、
証拠を残さないよう、浮気を続けることになるようです。

そうすると、証拠が手に入りにくくなるわけですよね?

なので浮気が発覚した場合には、探偵社が証拠を手に入れるまで、
夫には何も言わず、泳がせておくのがいいそうです。

証拠が手に入ったら、それをもとに、
徹底的にお灸をすえればいいわけですよね?