浮気の証拠を集めるのは探偵に頼むのがおすすめ

夫が浮気した場合、まず最初は、問い詰めますよね?
それから夫の反応を見ながら、復縁するなり、離婚するなり、
さらには浮気相手に慰謝料の請求をするなりを、考えることになると思います。

浮気が発覚するのは、だいたいは、夫のスマホや携帯に、
メールやLINEの履歴が残っているからだと思います。
まずはその履歴の写メを撮り、証拠として保存しますよね?

でもここで逆上し、それを証拠に夫を問い詰めてしまうのは、
あまり得策とはいえないようです。

メールやLINEの履歴だけでは、「メール上・LINE上だけのこと」だとシラを切られ、
夫が事実を認めないことが多いそうです。

復縁するにしても、まずは夫が事実を認め、きちんと謝罪・反省しないと、
先に進むことはできませんよね?
さらには離婚・慰謝料請求となった場合は、
メールやLINEの証拠だけでは、満足できる結果は得られないみたいです。

なのでそのあとどうするにせよ、浮気が発覚した場合には、
すぐに問い詰めることをせず、
決定的な証拠を手に入れるよう、きちんとした方策を取ったほうがいいようです。

浮気の決定的な証拠とは?

浮気の決定的な証拠とは、
やはり夫と浮気相手が「性行為をしていた」ことを示すものになりますよね?
裁判でも、この性行為の有無が、問われることになるそうです。

とはいっても性行為をしていた証拠は、
その最中の部屋に踏み込んで、写真を撮るわけにはいきません。

なので裁判所は、
「夫と浮気相手がラブホテルに出入りする際の写真や映像」
を、性行為があったことの証拠として認めるそうです。

それも1度だけでなく、
できれば複数回の撮影が望ましいとのことです。

証拠の入手にはやはり探偵に頼むのがおすすめ

このラブホテルに出入りする際の写真・映像は、
まず夫と浮気相手を尾行しないといけませんよね?
次にラブホテルに張り込んで、入りと出の写真・映像を撮らなければなりません。

しかもこの写真や映像に、
夫と浮気相手の顔が鮮明に写っていなくてはいけないそうです。

夜の場合が多いでしょうから、暗がりで、しかも気付かれないよう遠くから、
そのような写真・映像を撮るためには、
かなり高度な機材も必要になるみたいです。

そうなると、これはちょっと、素人には手に負えませんよね?
やはり、探偵社に頼む必要があるようです。

探偵社に頼むには、街角探偵相談所に相談してみるのがおすすめです。

探偵社の事情に詳しい担当コンシュルジュが、案件にふさわしい探偵社を、
予算の範囲内で紹介してくれます。