浮気の証拠を自分で集めるにはどうしたらいい?

街角探偵相談所などで探偵社に依頼するのではなく、
「自分で浮気の証拠を集めたい」と思う人もいると思います。

もちろんそれは、ある程度はできるとのこと。
実際、探偵に頼らず、自分で証拠を集めるのも必要な場合もあるそうです。

でも浮気の「決定的な証拠」は、自力で集めるのは難しいみたいです。

浮気が原因で、たとえば「離婚する」となり、裁判で争うことになった場合。

裁判所が「確かに浮気を指定た」と認めるのは、
「2人の肉体関係があったことを確かに証明する証拠」
となるそうです。

とはいっても、もちろん肉体関係は密室で行われますから、
たとえばその現場の写真を撮影するなどのことはできませんよね?

そこで、裁判所は、
「ラブホテルなどに2人が出入りする際の写真」
で、「肉体関係があったことが証明された」とするようです。

もちろんこの写真は、2人の顔が、鮮明に写されていなくてはならないとのこと。
尾行・張り込みしてこの写真を撮るのは、素人にはそう簡単ではありませんよね?

なので浮気の決定的な証拠については、
やはり探偵社に調査依頼をする必要があるようです。

でもその他の証拠について、自分でどのようなものが集められるかについて、
ここでは一通りをまとめてみました。

自分でもこのような証拠を集めてみよう!

パソコンから

浮気の痕跡は、パソコンに残っていることは多いとのこと。

  • 出会い系サイトで相手を探す
  • 浮気相手とやり取りをする
  • 不倫旅行などの予約をする

などのことが、パソコンからわかることは多いのだとか。

チェックするのは、まずブラウザのお気に入りと、閲覧履歴。
不審なページがお気に入りされていたり、閲覧されていたりしないか、
確認してみるのがいいようです。

それからメールと写真もチェックします。
浮気相手とのやり取りや、
浮気相手と撮った写真が保存されていることはあるようです。

証拠となるものを見つけたら、そのパソコンからメールを送るなどのことは、
しないほうがいいとのこと。
そうすると、そのメール送信履歴から、
相手に気づかれることになりかねないわけですよね?

スマホなどで写メを撮るのがいいようです。

携帯・スマホ

携帯やスマホも、浮気の証拠を集めやすいみたいです。
電話やメール、LINEなどの履歴を見るのがいいですよね?

これも、証拠となるものがあったら、スマホで写メを撮りましょう。

レシート

財布や車の中に、レシートが残されていることがありますよね?
これをチェックするのも、ポイントはは高いみたいです。

浮気中に行った飲食店や、高速、
駐車場などのレシートが残されていることはあるとのこと。
浮気相手にプレゼントをした場合、
それを購入した際のレシートが残されていることもあるようです。

クレジットカード利用明細

浮気をするには、やはりお金を使いますよね?
なのでクレジットカードの利用明細は、証拠が残されていることは多いそうです。

ETCやスイカなどの利用履歴

ETCやスイカなどは、その利用履歴を見れば、どこへ行ったかがわかりますよね?
チェックすると、思わぬ証拠が見つかることがあるようです。