浮気で離婚する場合に必要な証拠はどんなもの?

ご主人が浮気して、離婚を考えている人もいると思います。
離婚する場合には、最悪、裁判になることも考えないといけないですよね?

もちろん、裁判にすることなど、初めから誰も考えないと思います。
でも慰謝料だのなんだの、どうしてもお金の話が絡んでくることになりますから、
裁判を覚悟しないといけないと思います。

さてそのような場合に、「証拠」として必要なのは、どんなものなのでしょうか?
メールやLINEの履歴などは、浮気の証拠になるのでしょうか?

必要なのは「不貞行為」の立証

協議離婚するのなら、ご主人が浮気を認めれば、
証拠云々はあまり関係ありませんよね?
でも裁判をする場合には、「不貞行為」を立証しないといけません。

不貞行為とは、法律用語でちょっと難しいですよね?
要は、「性行為」のことだそうです。

ご主人と浮気相手の女性がたしかに性行為があったことを、
裁判では立証しないといけないわけです。

でもそれって、どうしたら立証できるのでしょうか?
まさか性行為をしている最中の部屋に踏み込み、
写真を撮るわけにはいきませんよね?

なので裁判では、
「浮気相手とラブホテルに出入りする写真か映像」
をもって、不貞行為が立証されたとするそうです。

それも、できれば一度だけでなく、
2回以上、それがあるといいようです。

メールやLINEの履歴なら、自分で集めることもできますよね?
でもラブホテルに出入りする写真や映像を、
尾行・張り込みして気づかれずに撮影するのは、素人では難しいと思います。

なのでやはり、浮気の証拠を集めるには、
街角探偵相談所などに相談し、探偵社に頼む必要があるということなんですね。

メールやLINEは証拠になるの?

メールやLINEも、ご主人が浮気相手と「交際」している証拠として、
裁判でも認められるそうです。

なのでそのような証拠はあればあるだけ、
裁判では有利になるわけですよね?

ただし、メールやLINEが「不貞行為の証拠」と認められることはないそうです。

なので離婚するなら、メールやLINEで激昂して、ご主人を問い詰めてしまうのでなく、
探偵がきちんと証拠を入手するまで、
泳がせておくほうがいいということになりますね。