離婚するならお金のこともきちんと考えよう!

夫が浮気し、離婚するとなると、その労力たるや、
かなりのものがかかってくると思います。

離婚するには、やはり決定的な証拠が必要。
街角探偵相談所などで依頼して、浮気調査をするのがいいと思います。

それから離婚について、具体的に話を進めていくことになりますよね?
その中でも、お金のことについては、きちんと考えないといけないと思います。

離婚に際して考えないといけないお金のことは?

慰謝料

浮気した決定的な証拠があれば、夫と浮気相手の両方に、
慰謝料を請求することができます。

浮気され、精神的な苦痛を味わわされたわけですから、
やはりきちんと制裁を受けてもらわなくては気が収まりませんよね?

でももちろん、「復讐」することなどは、できません。
制裁として法的に許されているのは、「慰謝料の請求」だと思います。

浮気の場合、慰謝料の相場は100万〜300万円くらいだとか。
慰謝料を請求するには、やはり弁護士に依頼するのがいいようです。

財産分与

財産分与は、夫婦でともに築き上げた財産を均等に分配すること。
なので、

  • 不動産
  • 現金
  • 預貯金
  • 退職金
  • 株式

などなど、どのような財産があるのかを、きちんと把握しておきましょう。

ただし分与の対象となるのは、
あくまで「夫婦が協同で築いたもの」に限られるみたいです。

  • 結婚前から所有していた財産
  • 婚姻中でも相続を受けた財産
  • 婚姻中でも他から受けた贈与

などは、対象にならないそうです。

養育費

子供がいる場合には、親権を持たない親は、養育費を支払います。
額などは、協議で決着できなければ、調停や裁判などで決められます。

養育費は子供が成人するまでの長い期間にわたって、払い続けてもらうもの。
途中で支払いが止まらないよう、公正証書を作成し、
もし支払いが滞った場合には、強制執行できるようにしておきましょう。

婚姻費用

離婚前に、別居することもあると思います。
その際には、夫から婚姻費用を支払ってもらわなくてはなりません。

年金分割

厚生年金や共済年金の場合には、夫婦で分割することができます。
離婚してから2年以内に申請しないといけないので、忘れないようにしましょう。