「離婚する」となった場合の段取りは?

夫の浮気で「離婚する」と考える場合には、
まず街角探偵相談所などに相談し、浮気調査をしますよね?

離婚する場合は、最終的には裁判になる可能性があると思います。
また慰謝料も、請求することになるでしょう。

なのできちんと浮気調査をしてもらい、
不貞行為が立証できるだけの証拠を手に入れることは、必須だと思います。

その離婚手続きに入っていくことになります。
ここでは、その離婚手続きの一連の流れについてまとめました。

離婚手続きは3段階

離婚する際の手続きは、

  • 協議
  • 調停
  • 裁判

の3段階。

裁判まで行ってしまうと、お金も時間もかかるとのこと。
できればその前で決着してしまうのがいいみたいです。

協議離婚

これは、夫婦が話し合うことによって、離婚の合意に至ること。
現在、離婚の90%は、この協議離婚でされているそうです。

夫婦が合意すればいいので、特に離婚原因の制限などはないとのこと。
「性格の不一致」とかの、漠然とした理由でもいいわけですよね?

ただし協議離婚の場合、慰謝料や親権・養育費などの問題を、
きちんと話し合わずに離婚してしまうことがあるとのこと。

一度離婚してしまうと、相手が後で応じなくなることも多いのだとか。
必要なことはきちんと話し合い、文書の形でまとめておくことが必要みたいです。

調停離婚

協議離婚がうまく成立しなかった場合には、
次は家庭裁判所による「調停」を受けます。

調停は、家庭裁判所の調停委員が、夫婦のそれぞれから話を聞きながら、
なんとか離婚に合意できるよう、仲裁をしてくれるのだとか。

日本では、離婚はいきなり裁判に持ち込むことはできず、
その前にかならず調停を受けなければいけないそうです。

調停で離婚が合意されれば、条件などについて「調停調書」が作成され、
離婚が成立するとのことです。

裁判離婚

調停が不成立に終わった場合は、
家庭裁判所に離婚の訴えを起こすことができるとのこと。
この裁判に勝利すると、離婚が認められるとのことです。

裁判では、不貞行為の証拠をきちんと示す必要がありますから、
浮気調査は前提だといえると思います。

慰謝料の額などについても、離婚の裁判と同時に決着できるそうです。