浮気の慰謝料の相場はどのくらいなの?

浮気は、慰謝料が請求できます。
その相場がどのくらいの金額なのかをまとめました。

浮気は慰謝料が請求できる

浮気して、他の異性と性行為を行うこと=不貞行為は、
「違法性がある」と認定されているのだそうです。
刑事罰こそありませんが、一種の犯罪だということですよね?

なのでこの不貞行為に対して、精神的苦痛の慰謝料として、
損害賠償が請求できることになります。

これは、配偶者と、その愛人と、両方にできるものだそうです。

ただし、浮気の前に、すでに夫婦関係が破綻している場合には、
慰謝料請求の対象にならないことがあるとのこと。

これは実際に別居しているというだけでなく、家庭内別居の場合でも、
裁判所がそのような判断をすることがあるようです。

また配偶者が結婚していることを隠しており、
愛人もそれを知ることができなかった場合には、
愛人にたいする慰謝料が認められないことがあるのだとか。

配偶者が、愛人に対して暴力や脅迫を行い、性的関係を結んだ場合も、
愛人に対しては慰謝料は認められないのだそうです。

慰謝料の相場はどのくらい?

慰謝料は、裁判になった場合には、
裁判官が個別の事情を判断して決定することになるわけですよね?

浮気によって被った精神的苦痛の程度や、年齢、結婚年数、不貞行為の回数・期間、
どちらがより積極的だったか、支払い能力がどれくらいあるか、などにより、
金額は変わるそうです。

また不貞行為により、夫婦関係が破綻したかどうかも、
金額を決める大きな要素になるとのこと。

なので離婚をした方が、慰謝料は高くあるみたいです。

過去の判例では、慰謝料の額は50万円〜400万円なのだとか。

一番多いのは、200万円前後になるらしいです。

慰謝料の請求には証拠が必要

慰謝料を請求するには、やはり証拠が必要になるそうです。

たとえば浮気相手に慰謝料を請求するとして、
浮気相手が話し合いで素直に請求を認めれば、もちろん問題はありませんよね?

でもそんなことは少ないみたいで、
どうしても裁判に持ち込まれることになるようです。
そうなると、不貞行為を立証できる、きちんとした証拠が必要ですよね。

また証拠がなくて慰謝料を請求すると、
逆に相手から、名誉毀損で訴えられる場合もあるとのこと。

なので慰謝料を請求するには、証拠は必須だといえるのではないでしょうか。

不貞行為を立証できる証拠として裁判所が認めるのは、
配偶者と愛人がラブホテルに出入りする際の写真や映像なのだとか。
それは、素人が撮影するのは、現実的には難しいですよね?

街角探偵相談所などで相談し、探偵に頼む必要があると思います。