浮気の証拠がなくても慰謝料は請求できるの?

夫が浮気した場合、浮気された立場としては、
やはりきちんとした制裁を、夫と浮気相手に与えたいわけですよね?

その場合、慰謝料として損害賠償を請求するのが、
浮気被害者に許された合法的なやり方になるそうです。

「復讐」などと考える人もいると思います。
でも下手なことをすれば、こちらが逆に、訴えられることになりかねませんので、
あくまでも慰謝料請求に目標を絞るのがいいようです。

さてその場合、具体的にはどうすればいいのでしょうか?
浮気の証拠がない場合でも、慰謝料の請求はできるのでしょうか?

証拠がないと逆に訴えられる場合もある

浮気相手に慰謝料を請求する場合を考えてみたいと思います。
まずは一番簡単なのが、浮気相手と話し合い、慰謝料の金額について和解すること。

それでうまくいかない場合は、

  • 内容証明を送る
  • 調停を申し立てる
  • 裁判を提起する

などの方法があるそうです。

浮気相手と話し合う際、証拠がなくて、相手が浮気を認めることがあるでしょうか?
まったくないとは言い切れませんが、可能性としてはかなり低いわけですよね?

ましてや最終的に裁判にまでなった場合、
裁判所は、証拠がなければ浮気の事実を認定してくれないそうです。
そうすると、慰謝料の請求などできないこといなるわけです。

さらに、証拠がなくて、相手に「浮気した」と詰め寄った場合には、
逆に相手から、名誉毀損で訴えられる可能性もあるとのこと。

なので浮気の証拠がないと、やはり慰謝料の請求は難しいみたいです。

証拠が手に入るまで相手を泳がせるのが一番

夫の浮気は、メールやLINEの履歴などで発覚することが多いですよね?
それを見て逆上し、すぐに夫を問い詰めてしまう人もいるのではないでしょうか?

でも慰謝料の請求を射程に入れた場合には、それはあまり得策とはいえないようです。
一度問い詰めてしまえば、夫は用心しますから、
その後は証拠が手に入れにくくなるわけですよね?

なので、浮気が発覚した場合には、すぐに問い詰めたりせず、
決定的な証拠を手に入れるために動いたほうがいいようです。

決定的な証拠とは、夫と浮気相手がラブホテルに出入りする写真や映像。
これは素人には撮影が困難ですから、探偵社に頼む必要があると思います。

街角探偵相談所は、予算の範囲に応じて探偵社を紹介してくれ、
おすすめだと思います。

探偵社に頼むためには、やはりある程度の費用はかかります。
でもそれは、慰謝料をきちんと取れれば、十分元が取れることになるわけですよね?