浮気の慰謝料を請求するやり方は?

夫の浮気相手に慰謝料を請求するには、どのようにしたらいいのでしょうか?
ここではそのやり方をまとめました。

まずは直接話し合う

浮気相手と直接話し合い、和解できるようならば、
慰謝料を請求する方法として一番いいみたいです。
もちろん最終的には「裁判」という方法があるわけですが、
それには時間も労力も、かなりかかることになるそうです。

ただし話し合うにせよ、不貞行為を立証するきちんとした証拠は、
ないといけないのだとのこと。

証拠なしに慰謝料請求してしまうと、
相手から逆に名誉毀損で訴えられることもあるそうです。

不貞行為を立証する証拠とは、
夫と浮気相手がラブホテルに出入りする写真や映像になるわけです。

これは自分で撮影するのは、素人には難しいと思うので、
やはり街角探偵相談所などに相談し、探偵に頼んだほうがいいようです。

内容証明を送る

浮気相手が話し合いに応じない場合がありますよね?
また自分も、浮気相手の顔など見たくない、ということもあるかと思います。

そういう場合は、内容証明で慰謝料請求ができるのだとか。
内容証明は、浮気相手にプレッシャーを与える手段にもなるようです。

ただし内容証明の文面は、よくよく慎重に書かないと、
逆に「脅迫」として訴えられてしまうこともあるとのこと。

内容証明を作成する場合には、やはり弁護士など、
法律の専門家に依頼した方がいいようです。

調停を申し立てる

話し合いや内容証明で折り合いがつかなかった場合には、
「調停」を申し立てることになるそうです。
これは浮気相手の住所地の簡易裁判所でおこなうそうです。

調停がまとまれば、簡易裁判所は「調停書」が作成され、
これは裁判の判決とおなじ効力をもつとのこと。

もし相手が調停書に従わなかった場合には、
強制執行もできるそうです。

裁判を提起する

調停が不調に終わった場合には、いよいよ裁判に訴えることになるわけですよね?
これは、地方裁判所に訴訟を提起するそうです。

この場合には、不貞行為を立証する証拠は、絶対に必要だとか。
それからやはり弁護士も、つけないといけないみたいです。

ただ裁判になると、時間もお金もかかりますよね?
できれば裁判になる前に、決着をつけるのがいいみたいです。