「不貞行為」ってどんなもの?

離婚を裁判であらそう場合、「不貞行為」の有無が問題となるようです。

夫婦は法的に「貞操義務」を負わなくてはいけないわけですよね?
この貞操義務に外れる不貞行為ことは、違法行為となるわけで、
慰謝料請求の対象にもなるということみたいです。

この不貞行為、どのようなものなのかをまとめました。

不貞行為は性交渉

不貞行為は法律用語。
普通の言葉でいえば「性交渉(セックス)」となるそうです。

夫婦は、配偶者以外とは性交渉してはいけないわけです。
なのでこの不貞行為があった場合は、
その配偶者は、裁判所に離婚の請求ができるようになるようです。

裁判で離婚をあらそう場合には、
この不貞行為を立証しないといけないとのこと。

といってももちろん、性交渉の現場に踏み込み、
写真を撮るわけにはいきませんよね?

なので裁判所は、
「ラブホテルに浮気相手と出入りする際の写真・映像」
をもって、不貞行為の証拠と認定するそうです。

でもこのラブホテルに出入りする際の写真・映像にしても、
尾行・張り込みをしなくてはならず、撮影にも高性能の機材が必要。
素人には、なかなかできることではありませんよね?

街角探偵相談所などに相談し、探偵に依頼するのがいいようです。

性交渉のない浮気は不貞行為なの?

夫が妻以外の女性と、性交渉はないけれど、食事をしたり、デートをしたり、
場合によってはキスしたり、することもありますよね?
これも妻としては、腹が立つことは言うまでもありません。

でも性交渉がない場合、裁判所は「不貞行為」とはみなしてくれないのだそうです。
なのでそれを理由に、離婚はできないという意味ですね?

不貞行為は1回でも認められる?

夫が妻以外の女性と1回でも性交渉をすれば、
それはもちろん、法律的にも不貞行為になるそうです。

でも裁判所が1回の不貞行為で離婚を認めるかというと、
それは難しいみたいです。

なので離婚を考える場合には、ラブホテルに出入りする際の写真も、
2回撮るのがいいとのこと。

2回以上の不貞行為があった場合は、「不貞行為が継続されている」とみなされ、
裁判所はほぼまちがいなく離婚を認めるみたいです。